弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

信用調査は融資に欠かせないもの?理由を徹底解説

信用調査はお金を融資する際に頻繁に行われています。信用調査機関も日本にはいくつかあり、消費者金融や銀行といった金融機関が毎日のように調査依頼をしています。また、個人の場合は相手が返済してくれるかどうか怪しい場合などは探偵に依頼して調査してもらうことができます。安心してお金を貸したいときや、普段の生活を知りたい場合に利用することが多いようです。

信用調査について

信用調査とは与信調査とも呼ばれており、企業と企業が取引する際や、個人が金融機関に融資を受ける際に行われる調査のことです。支払い能力など金銭的な信用度を調査するものです。自分達で行うことも可能ですが、よほど調査に精通しているのでなければ、外部の人に依頼するケースが大半を占めます。

お金が絡むことになるので、返済能力があるのか、債務超過になっていないのかなどが気になります。個人間の融資では探偵社に依頼して行われることがあります。

融資をしても返済をしてもらえない、返済が滞る可能性がある場合もあります。そうなると、貸した側にとって大きなリスクとなるでしょう。このようなリスクをなくしていくためにも、信用調査は欠かせないものとなっています。

ただし、信用調査を行ったからといって、返済がかならず行われるというものではなく、未回収のリスクは当然あります。しかし、事前にリスクを軽減するために行うケースが大半です。

探偵が行う信用調査の方法について

探偵が行う信用調査は個人に向けてのものなのか、法人に向けてのものなのかによって調査方法も違ってきます。それぞれの調査方法について見ていきましょう。

個人向け信用調査

個人向けの場合は、一般的に探偵が行う調査と同じように、対象者を尾行したり、身辺情報や身元情報の収集が行われたりします。

法人向け信用調査

個人向けの信用調査とは違って、取引相手にはどのような法人がいるのか、資産に関する情報といったものを収集します。そのなかでも、法人の代表者の情報収集は大切です。代表者の人間関係やどのような生活を送っているのかなど信用できるかどうか調査されます。個人向けの信用調査とは違って、調査内容も多岐にわたります。

融資する相手に対して不安なときは信用調査をすると安心

個人間でお金の貸し借りをすることは望ましいこととはいえませんが、時としてやむを得ないこともあります。その際に、借りる側は「絶対に返す」といいますし、貸す側もできればその言葉を信じたいと思うでしょう。しかし、スムーズに返済が行われるかどうかは分かりません。個人間で融資が行われるときにも、信用調査をすることでリスクを減らすことができます。

見た目で判断しない方がいい

「お金を貸して欲しい」といわれた場合、相手の見た目で判断すると痛い目に遭うことがあります。それは、見た目をよくしているからといって、返済がスムーズに行われるかは別の問題だからです。

まったく見ず知らずの人からお金を貸して欲しいといわれることは一般的ではありませんが、ちょっとした知り合いや同僚、親戚などから頼まれることはあるでしょう。その場合は、冷静な目を持つことが必要であり、見た目で判断しないようにしてください。

安心して融資するために行う

お金を貸して欲しいといってきた相手について調べることは悪いことではありません。相手がお金を返済してくれないと、リスクにしかなりませんし、何よりも安心して融資ができないために調べるのです。もし、信用調査の結果で相手に返済能力がないと判断されれば、はっきりと断ればいいのです。断ることは悪いことではありませんし、断る権利があることも忘れないようにしましょう。

安心して融資できる相手であれば、決まった日にしっかり返済してくれます。お金の貸し借りで人間関係を壊したくない人こそ利用した方がいいでしょう。

結婚相手の信用調査を依頼するケースも

結婚した後に借金があったとしたら、裏切られた気持ちにもなりますし、生活をするのも不安になるでしょう。面と向かって「借金はありますか」と聞いても、正直に話さない人もいます。

結婚相手の信用調査を依頼するケースも増えており、婚約者だけではなく、婚約者の親御さんが依頼してくることもあります。

信用調査を探偵に依頼する

探偵に信用調査を依頼することは可能です。一般的な信用調査機関を利用すること以外にも、探偵ならではの調査方法で詳細な情報を入手することができます。これらの情報はターゲットの尾行や聞き込みをはじめとし、あらゆる調査方法によって得られるものとなっています。

信用調査の結果からわかること

ターゲットを尾行することで、生活スタイルや行動を知ることができます。例えば、下記のようなケースが見られます。

問題アリの場合

  • あらゆる人に借金をしており、そのお金をパチンコや競馬などに使っていた
  • 消費者金融や闇金の返済ができないため、知り合いに借金をしていた
  • 自己破産したことがあり、消費者金融が利用できないために知り合いに借金していた

個人にお金の融資を頼む人の多くは、消費者金融や銀行などから借り入れができなくなっていることが多いようです。

問題ナシの場合

ターゲットに他の借金はない、これまでもお金に関するトラブルを起こしたことはない、行動履歴もギャンブルなどの要素は見られないという結果です。このような場合は、ターゲットの信用調査を行った結果、現時点では特に問題がないという判断となるでしょう。

ただし、調査結果はこれまでのことを示すものであり、いわゆる過去についての結果です。この先に融資をした場合にどうなるのかについては、依頼者が判断するしかないでしょう。

調査費用を少しでも抑える方法

探偵への信用調査依頼では一定の料金が発生します。できるだけ費用を抑えたいというのであれば、現在知りうるターゲットの情報について探偵社に伝えるようにしてください。情報が事前に集まっていれば、調査期間も短くて済みますし、スムーズな調査が可能でしょう。

まとめ

信用調査は企業間、個人間などあらゆるケースで行われています。とくに融資に関する相談は、お金が絡んでいることであるため、探偵社に依頼すると安心でしょう。頼まれたからなんとなくお金を貸すのではなく、貸す側もリスクを十分に把握した上で行動しなければ、貸したお金を返してもらえない、連絡が取れなくなる可能性もあります。そのようなリスクを軽減してくれるのが、探偵に依頼する信用調査といえるでしょう。

探偵コラムColumn