弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

信用調査の役割はケースバイケース!メリットや注意点も解説

企業や個人に対して行う信用調査の役割は、ケースバイケースです。この記事では、信用調査にはどんなケースがあるのか、その際に果たす役割とともにご紹介します。また、メリットや注意点についても説明しますので、検討中の方、ご興味のある方は参考にしてください。

信用調査はどんな調査?

まずは、信用調査とは、どんな調査なのかご紹介します。信用調査は、企業に対して行う場合と個人に対して行う場合があります。企業に関する調査は会社に関する諸々、個人に関する調査は人間関係におけることです。

企業に対して行う信用調査

企業に対して行う信用調査で考えられるケースを下記に挙げます。

  • 会社の評判
  • 役員の評判
  • 社員の出入りはどうか
  • 不動産の状況
  • 銀行との取引
  • 商品の販売状況
  • 種御品の仕入れ状況

など

個人に対して行う信用調査

個人に対して行うケースで、考えられる調査は以下です。

  • パートナーの浮気
  • 二股をかけられているか
  • 借金があるか否か
  • 怪しい交遊関係はないか
  • 近所の評判
  • 学歴詐称の有無

信用調査を依頼できる会社は?

ここからは、信用調査を依頼できる会社をご紹介します。民間の信用調査会社や探偵事務所です。それぞれの特徴を説明します。

民間の信用調査会社

民間の信用調査会社は、企業の信用調査を行うことが多いです。取引先の情報を調べたい場合、こうした会社に頼むと、豊富なデータを活用して知りたい情報を調べてくれます。

たとえば、会社によっては、現地確認調査を行ったり、海外企業の信用調査も可能だったりします。調査後は信用報告書に詳しく結果をまとめてくれます。

探偵事務所

個人に関する信用調査は、探偵事務所が得意とするところです。膨大な情報を取得しているため、データ調査をすることもでき、簡単な調査であれば、その日のうちに結果を出せます。

古くから実施されている尾行調査や張り込みは、探偵が良く行う調査です。対象者の行動を根気よく調べてくれます。

ケース別の信用調査の役割

ケース別で信用調査がどんな役割を果たすのか、考えてみます。企業に関するケース、個人に関するケースでシミュレーションします。

企業の支払い能力などがわかる

企業の信用調査の役割は、今後の企業活動の手助けやリスク回避です。表に出ていない相手の情報がわかるので、今後の仕事の進め方を決められます。場合によっては、リスク回避もできます。

たとえば、A社がB社と取引をしているとします。古くからのつきあいのある会社ですが、ここのところ、B会社の主流商品が売れず、業績が良くないようです。このまま取引していてよいものかと迷ったときに、信用調査会社に依頼して、B社の支払い能力を調べてもらいます。

相手の誠実性がわかる

個人の信用調査の場合は、今後の人生を決める役割を果たすことがあります。

たとえば、A子さんは娘のB子さんの婚約者Cさんを信用していいものか不安でした。知人から、彼が二股をかけているという噂を聞いたからです。そんな時、探偵事務所に頼んで、信用調査をしてもらったところ、噂はまったくのデマだったことがわかりました。

浮気をしているかどうかわかる

個人の信用調査で、浮気調査を頼むケースはよくあります。この場合の信用調査の役割は、夫婦関係の今後を決定できることです。

たとえば、Mさんが夫のNさんの浮気を疑っているとします。Nさんは浮気を何度も繰り返しているので、今回も浮気をしていたら、離婚するつもりです。そのため、探偵事務所に信用調査を依頼したところ、浮気が発覚。Mさんは離婚を決意しました。

信用調査のメリット・注意点

信用調査のメリットや注意点をご紹介します。企業の場合は、調査会社に任せることにより、時間の節約になります。また、結果によっては、困った状況にならずに済み、企業としての危機を避けることが可能です。
さらに、信用会社を選ぶ必要があり、調査にも限界があるという注意点も存在します。

時間の節約になる

もしも、自社で調査をするとなると、大変な労力や時間がかかります。しかし、調査会社に頼めば、そんな時間を使わずに済むので、時間の節約になります。

たとえば、取引会社の資産状況を調べるとなると、大変な作業です。データ取得などにも時間がかかるため、自社の業務に取り掛かれないことも考えられます。

困った状況を回避できる

仮に信用調査によって、取引先の企業の資金繰りが苦しいことがわかれば、その時点で取引をやめられます。早い段階で手を打つことができれば、商品代金未払いなどの危機を回避できます。

こうした情報がわからずに取引を続けてしまうと、どんな損害を被るかわからないものです。

信用調査会社を選ぶ必要がある

信用調査の注意点として、会社選びがあります。丁寧な対応をしてくれる信用会社を選びたいものです。

良い信用調査会社のポイントは以下です。

  • 迅速な対応をしてくれる。
  • 正確データを持っている。
  • 豊富な情報網がある。
  • 適正料金で動いてくれる。
  • 質問にきちんと答えてくれる。
  • 丁寧な受け答えをしてくれる。
  • 報告書を丁寧に書いてくれる。

信用調査にも限界がある

信用調査にも限界が付きものです。企業の調査でも、個人の調査でもすべてを求めることができない場合もあります。

たとえば、個人の信用調査の場合です。人一倍焼きもち焼きのGさんは、恋人のHさんの浮気を疑っています。探偵に頼み、彼女の行動を四六時中見張り、会社内の行動もカメラにおさめてほしいと頼みました。しかし、会社内にまで、探偵が入り込むことはできません。このように、無理な調査もあるので、調査会社や探偵事務所によく確認しましょう。

まとめ

信用調査は、その内容によってさまざまな役割を果たしてくれます。企業の信用調査、個人の信用調査があり、信用調査会社や探偵事務所に依頼することが可能です。

企業の信用調査の場合は、信用調査会社に依頼することが多く、個人の信用調査ですと、探偵に依頼する傾向にあります。信用調査会社は、企業に関する情報が多いこと、探偵は張り込みや尾行による浮気調査が得意であることから、こうした傾向になっていると考えられます。

信用調査により、会社が被害を受けるリスクを逃れたり、浮気がわかり離婚の決意が固まったりなど、それぞれのメリットがあります。信用調査は、ケーズバイケースでリスク回避の役割を果たしてくれる、貴重な調査です。

探偵コラムColumn