弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

信用調査で競合企業のことがどのくらいわかる?競合調査について解説

企業を運営していくうえで、自社のことだけに一生懸命になっていてはいけません。他社のことも知っておくことで、自社の運営に反映させ、強みにすることができます。そうはいっても、自分たちだけで競合企業のことを詳しく調べるのは大変なことです。そのようなときには信用調査会社を利用するといいでしょう。こちらの記事では信用調査や競合調査について解説していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

信用調査、競合調査とは

そもそも信用調査、競合調査がどういうものなのかご存じでしょうか。企業を運営している立場の人であれば、知っておくべきことです。ここでは、信用調査とは、競合調査とは何かについて解説します。

信用調査

信用調査とは、これから取引をしようという相手企業に支払い能力があるか、債務超過になっていないかなどを調べるものです。与信調査とも呼ばれます。自社が損失を出さないためにも、取引相手が信用できるものでないといけません。ですから信用調査を行い、相手企業の信用度をはかる必要があるのです。調査を行うのは信用調査会社、または自社の社員となります。

競合調査

競合調査とは、自社のライバルにあたる企業の商品やサービスなどについて調査するものです。この調査を行うことで他社の強み、弱みも見えてきます。それらのデータを自社のものと比較、分析することにより、市場で一歩抜き出るための戦略を立てられるというわけです。こちらの調査も信用調査会社か自社の社員が行います。ただし、実施するには調査に関するノウハウが必要です。

信用調査で競合を調査する目的とメリット

競合企業を調査するからには、明確な目的が必要です。具体的な目標があることにより、調査内容も具体的になり、今後の事業展開に向けての動きがスムーズになります。その具体的な目標の例としては、「経営方針の見直し」「商品やサービスの改良」「ホームページなど広報関連の改善」などがあげられます。他社との差別化をはかるためにも、企業運営に関わる者は自社の目指すところを明確に決めておかなければなりません。そしてそのゴールへの道のりをサポートするのが競合調査であると言えるでしょう。しかしながら、競合調査にもメリットとデメリットが存在するのです。どのようなものかを以下で解説します。

調査するメリット

先述した、自社との比較分析ができる、競合の強みや弱みが知られるということの他にも、競合調査をするメリットはあります。それは、調査する企業以外にも競合企業を新たに発見できる可能性があるということです。調査では実にさまざまな情報が手に入ります。その中でも業界のトレンドや販売戦略などは、多くの企業が手にしておきたい情報です。これらを調べていくうちに、新たな企業が誕生していることに気付けることもあるでしょう。さらに、要注意企業に関する情報が手に入る可能性があるというのもメリットの一つです。今後、取引などのことを考えて、怪しい企業があれば事前に避けることができるようになります。

デメリットもある

競合調査にはデメリットもあります。まずは調査には時間と費用がかかることです。競合調査1回あたり、約2か月弱の時間を要します。そして競合調査は一回のみで終了ではなく、継続して、定期的に行っていかなければなりません。それは市場が常に変化し続けることで、競合も自社もその変化に対応していくためです。そうなるとどうしても時間と費用がかかってしまいます。しかし、自社の将来のことを考えると競合調査を行い、今後の戦略を立てることは有益なことです。競合調査でかかる費用や時間は未来への投資なのだと考えるほうがいいでしょう。

信用調査で競合を知るなら調査会社へ

信用調査、競合調査は自社の社員でも行うことはできます。しかし、おすすめは信用調査会社に調査を依頼することです。その理由について、こちらで詳しく解説していきます。

ノウハウが必要

競合調査に限った話ではありませんが、調査を行うには専門的な調査のノウハウが必要です。自社の社員の中にそういったノウハウを持つ人物がいればいいのですが、なかなかいないというのが現実ではないでしょうか。知識を持った社員を寄せ集めたとしても、別の部署が人手不足にでもなれば、本業が回らなくなるので意味がありません。また、調査方法を誤ると違法行為となることもあります。その点、調査会社の調査員はきちんとノウハウを持っている者ばかりなので安心です。確実に、法律に触れない調査を行います。

調査範囲が広くなる

抱えている仕事をしながら調査を行うのは大変ですし、どの競合企業をどこまで調べればいいのかわからないということもあるでしょう。調査会社に依頼すれば、それらの問題はすべて解決します。調査に関してはすべて調査員に任せればいいので、本来行うべき仕事に集中できるのです。どこまで調べるかがわからない状態でただデータを集めるのではなく、調査員は事前に行動計画を作っています。そのうえで、競合企業の選定から、調査、分析、自社が行うべき今後のプラン作りまでできるのです。ちなみに調査する情報の範囲ですが、競合企業の所在地など基本的なことから代表者について、財務関連情報、取引先について、来客数やホームページなどについてなどが調査できます。

まとめ

企業を運営していくうえで、競合企業のことを何も知らないというのはとてももったいないことです。競合調査を行い、競合企業の様子を知ることは将来的に自社が発展していくためのチャンスであると言えます。競合調査では競合企業の基本情報から財務関連情報など幅広い情報を得られます。その際、信用調査会社に競合調査を依頼することで、効率的かつ安全に情報を得ることが可能です。自社の社員の中に調査のノウハウを知っている人がいれば任せてもいいのですが、そうでない場合は最初から信用調査会社に依頼してしまった方がいいでしょう。競合調査は時間も費用もかかりますが、そのデメリットを気にさせないほどのメリットがあります。企業同士の競争に勝ち抜き、自社が益々発展するための投資と考え、ぜひ競合調査を利用してください。

探偵コラムColumn