弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

自分自身のことを知るためにどのように信用調査をすればいいのか

個人的に金銭的な問題があって気になる場合個人で信用情報を取り寄せることができます。クレジットカードの情報や消費者金融の情報など、お金に関する気になる情報の開示請求をして取り寄せることができます。自分で信用調査をする場合どのように情報を取り寄せればいいかを解説していきます。

個人の信用情報とは

今の時代はとても便利だからこそ、ローンを組んだりクレジットカードを使って簡単に買い物をすることができます。これらは後払いになるので購入者とサービスを提供している側の信頼関係で後払いが成立することになります。つまり自分が信用されたのでローンを組むことができたり、クレジットカードを使うことができると思ってください。

信用で成り立っている

商品やサービスを購入したり利用する際に基本的には現金を使って購入するのが一般的ですが、ローンやクレジットカードのサービスを利用して購入することもできます。なぜ後払いでも利用することができるかというと、その人を信用しても良いと判断されたからです。

ここで重要になってくるのが個人の信用取引です。本当に確実に返済してくれると判断できればローンやクレジットカードで買い物がしやすくなります。反対に信用されないと審査に通らなくてローンやクレジットカードを使って買い物ができなくなります。

信用が無いとどうなるのか

過去にお金に関することで失敗した経験がある人は、一定の期間その内容が記録として残されています。支払いが遅れることなく信用力が高い人はローンやクレジットカードのサービスを利用しやすいメリットがありますが、過去に失敗した人は審査が通らない可能性があります。

自分自身に信用力があるかどうかを自分自身の信用調査をして確認することができます。クレジットカードの使い方を誤ってしまうと一気に信用力が失われてしまいます。この人はお金の使い方が汚いと判断されてしまったら、ローンやクレジットカードを使って高価な買い物ができなくなってしまう可能性があります。

自分自身で信用情報を知ることができる

思うようにローンやクレジットカードの決済ができないときは何か問題があるかもしれません。そのときに自分自身で自分の信用情報を確認することができます。
ローンやクレジットカードで審査が通らないからと言って消費者金融や銀行から融資を受けて多重債務になるケースもあります。なぜクレジットカードが利用できないのかを、ローンの審査が通らないのかを事前に理解するために、体重債務にならないためにも、おかしいと思ったら焦らずに信用調査に関する情報を取り寄せて自分自身で確認し、今後どのように対処すれば問題なく利用することができるかを判断することができます。

信用情報の確認の仕方

個人で信用情報を確認するいくつかの方法があります。基本的に他人に知られることはありませんが、どうしても知られることが不安な人は誰にも知られることなく情報を確認する手段を活用してください。

インターネットで確認する

信用情報を扱う多くの機関でインターネットを使って信用情報を確認することができます。新規登録をした後に自分を証明する書類や写真をインターネットで送信して本人確認が取れたら、自分が知りたい情報を確認することができます。

インターネットで確認できた内容をそのまま見て情報を判断するだけでなく、開示された情報の詳細がまとめられた内容を書面で郵送してもらうことができます。インターネットで確認する場合パソコンからだけでなくスマホでも専用のアプリを使って分かりやすく容易に信用情報を確認することもできます。

郵送で情報を送ってもらう

信用情報の機関に申し込みをして郵送で書類を送ってもらうことができます。インターネットの開示サービスが普及していなかったときは郵送での取り寄せが一般的でした。各機関でそれぞれ申し込み方法が異なります。もし分からない場合は、事前にどのようにして郵送で信用情報を取り寄せればいいか確認しておきましょう。

郵送で送ってもらう際も本人確認が求められます。運転免許証が一般的ですが、パスポートやマイナンバーカードなども利用することができます。これらの証明するものを持ち合わせてなかった場合役所に行って住民票や印鑑登録証明書を入手する必要があります。

直接窓口に行く

インターネットでの開示の仕方が分からない場合や、郵送の手続きに煩わしさを感じている人におすすめなのが、直接信用情報機関の窓口に行ってスタッフの人と直接やりとりしながら開示の内容を記した書類をもらってくる方法もあります。

スタッフと直接やりとりをしながら手続きを進めることができるので、難しいことを考えずに言われた通りに手続きを進めることで、その場で書類を受け取ることができます。注意点として自分が住んでいるところに本店や支店の窓口が無ければ、この手続きをするのは簡単ではありません。自分が信用情報を開示したいと思っている機関が、どこに対応してくれる窓口があるか確認することをおすすめします。

自分で信用情報を取り寄せることができる

過去にどのような金銭的な問題があったかを確認するために、自分で自分のことを信用調査することができます。特にお金に関する情報を知ることができるので、過去にどのくらい借金があったのか、どのようにクレジットカードを使ったのかを知ることができます。

自分で分かる信用調査の範囲

個人で信用調査の情報を取り寄せることで、どのくらいの借り入れがあったか、期限までに確実に返済することができたか、をチェックすることができます。クレジットカードの情報や、支払いが滞りなく行われてきたかなどを確認することができます。

まとめ

信用情報を調べることで、過去に自分の借金の履歴やクレジットカードの使用状況などを確認し、新たなローンを組むときなどの判断材料になります。

探偵コラムColumn