弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

信用調査の種類とそれをすることでどのようなメリットがあるのか

ビジネスや取引の中で本当に相手が信用できる人物なのかを見極める必要があります。信用調査は個人の場合と企業の場合とで異なります。大丈夫だと思っても後から騙されないようにするために、様々な角度から調査をして事前にどのような人物かを見極めてください。

信用調査の目的

ビジネスをするにあたって取引先が本当に信用できるかどうか判断するのが難しい場合があります。特に初めてビジネスをする相手だとお互いの信頼関係が構築されていないということもあって、どこまで信用していいか分からないときに信用調査をして判断することをおすすめします。

なぜ信用調査をするのかというと、お金を貸した人が本当に弁済能力があるかどうかを判断する目的が多いです。特に信用関係が求められる銀行や消費者金融はサービスを提供しようとしている人物の返済能力があるかどうかを判断する必要があります。融資をしてそのお金をしっかり返済してもらわないと損をしてしまうからです。

企業独自で調べる

銀行や消費者金融など、企業独自で調査をすることもあります。会社で定められた基準があり、それに照らし合わせて相手が信用できるかどうかを判断します。確実に回収するために必要な情報を相手から得るために、様々な方法で信用調査を行います。信用できる相手だと判断したら継続して取引をすることができます。

信用調査会社に依頼をする

会社独自で調査するのが難しい場合は、信用調査会社に依頼をしてください。そうすることでターゲットが信用できる人物かどうかを調べてもらうことができます。

本人から情報を得ていたとしてもそれが嘘偽りの可能性もあるので、第三者の視点から本当に信用できるかどうか確認してもらうことで、調査をしてほしいターゲットが本当に信頼できるかどうかを知ることができます。

探偵に依頼をする

信用調査を探偵に依頼する人もいます。依頼を受けた探偵が個人や法人に対してどのような経済状況なのか、資産や債務がどれくらいあるかを調査します。探偵の基本となる特定人物の行動や所在を調べるのではなく、もっと踏み込んでプライバシーに関わる財産の情報を調査します。

探偵は様々な機材を用いてターゲットの信用調査をしてくれます。信用調査会社とは違う視点で調べてくれるので、それぞれの角度から調べてほしいときは探偵に依頼をするだけでなく、信用調査会社にも依頼をして、それぞれの結果を比較することをおすすめします。

採用時の信用調査

業種によっては新卒採用、中途採用をするときに面接だけでは分からない人間性の部分を知るために信用調査を実施する企業があります。企業にとって採用をする場合多くの費用を投入しているので失敗したくないという思いと、優秀な人材を確保するためにどのような人物なのかを事前に知るために信用調査をします。

筆記試験と面接試験だけで求人に応募してきた人物を判断し兼ねる場合、今までの経歴や勤務態度や健康状態、さらには性格や素行が良いかどうかも調査することがあります。人材を採用する際の信用調査は探偵事務所に依頼することもできますが、より専門的なスキルで的確に調査をしてくれる専門調査会社に依頼をしたほうが確実です。本人を調査するだけでなく、前職の上司やスタッフに確認を取り聞き取り調査をすることもあります。

なぜ採用する人物の信用調査をするのか

企業にとって優秀な人材を確保するために採用に関して神経を尖らせる必要がありますが、なぜかというと採用後にミスマッチが起こるからです。面接のときに聞いた内容と違ったというミスマッチがあるからです。そして自分のことを良く見せようという思いで学歴や経歴の詐称などの問題も話題になることがあります。高学歴を謳い輝かしい経歴だと嘘をついてまで入社したいという輩は、うまく採用されたとしても何かしらのトラブルを起こす可能性があります。

これらの問題は本人が偽ることで起こりますが、なぜ前職を退職し転職を使用としたのかを突き詰めていくと、本人のスキルアップのための転職だけでなく、ネガティブな原因があって転職を余儀なくされたという考え方もできます。採用する人間がそのようなことにならないために、事前にどのような人物か情報を得ることが重要になります。

ネガティブな原因は確実に突き止める

ネガティブな原因として挙げられるのが前職でトラブルの可能性があるかどうかです。トラブルになって仕事ができなくなり退社する流れになったら、採用してから何かしらの原因でトラブルメーカーになったら厄介なので、事前にしっかり調査する必要があります。

単純に1つの職場で長続きしないから転職を繰り返しているということも考えられますが、これもネガティブな要因になります。長続きしない人は採用してもまたすぐに退職する可能性が高いからです。信用調査では1度入社したらどのくらいの期間働き続けるかも調べる必要があります。

反社会勢力かどうかを信用調査で判断する

今最も企業が神経を尖らせる必要があるのが、取引先が反社会勢力と関わっていないかどうかを確認することです。仕事で契約をしたとしても後から反社会勢力と分かったら利益を奪われてしまう可能性があります。

相手がどのような取引先か、そしてお客様がどのような人なのか本当に信用できるかどうかを判断するために、第三者から調査をしてもらうことで分かることもあります。表向きは一般人を装っていても、反社会勢力の人達は裏で何を企んでいるか分からないものです。一見すると優良企業に見えてもやくざとの関りがある会社は、問答無用で反社会勢力と判断し関りを絶つべきです。それをしないでサービスを提供してから問題が発生してしまったら会社の売り上げにも影響しますし、世間体の視線が許してくれません。すぐに解決しなければトラブル発展し会社の存続にも関わってきます。

まとめ

このように信用調査は様々な場面で行われることがあります。相手の事を疑うことなく信頼できれば問題ありませんが、うまくいかないのがお互いの関係性なので、後からトラブルが大きくならないためにもしっかり信用調査をして判断をしてください。

⇒【探偵興信所】株式会社ピ・アイ・オの詳細はこちら

⇒信用調査の詳細ページはこちら

探偵コラムColumn