弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

「企業信用調査」をしたらどんなことがわかる?

「新しい取引先、信用できるかな」

「新規で取引することになったけど、実績がよくわからないので不安が残る」

新規取引先についてもっと情報が欲しいと考えた時に、役立つのが興信所です。

自身で同業他社の知り合いに聞き込みしてもいいかもしれませんが、時間もかかりますし、正しい情報が得られるとは限りません。

でも、興信所に依頼して調べてもらえば簡単にその企業の情報が入手できます。

では、その「企業信用調査」とはどんな内容で、どのような流れで行われるのでしょうか。

今回は企業信用調査についてお教えします。

企業信用調査とは?

企業信用調査とは、取引先が本当に信用できるのかどうかを興信所が調査するというものです。

たとえば、

その会社の業績がどうなっているのか?

経営状態は良好なのか?

どんな人物が役員に就任しているのか?

なども調査の対象になります。

また、代表者の経歴やどんな性格なのか、どのような人物と付き合いがあるのかも調べます。

何より重視するのは「経営が安定しているのか」「資金繰りはうまくいっているのか」「債務状況はどうなっているのか」といった情報です。このような情報を入手できれば、取引をするのかどうかを決める時に大変役立つでしょう。

企業信用調査は、浮気調査や不倫調査に比べるとどうしても依頼件数が少なくなります。そのため、企業信用調査ができるだけのスキルと経験を持つ興信所は限られます。企業信用調査を興信所に依頼したいと考えたならば、ちゃんとリサーチしてその調査が確実にできる興信所を見つけましょう。

なお、企業信用調査を始めるタイミングは必ず「取引前」になります。大口の取引を始めてしまってからでは遅すぎますので、「なんだか変だな」「もしかして…?」と思ったら、企業信用調査を考えてみてください。

企業信用調査をするメリットとは?

「企業信用調査なんてしなくても、どんな人か顔を見ればわかる」なんて意見もありますが、企業信用調査にはしっかりとしたメリットがあります。

まず、実は倒産しそうな企業や問題を抱えている企業を避けることができます。そうすることで、自社に被害が及ばないようにリスクを回避できます。

また、企業信用調査をすることで詐欺のような悪質な手口で近付く人たちを遠ざけることもできるでしょう。「最初は小口の取引から進めていき、信用できると思ったのに計画倒産されてしまった…」なんて事態に陥ることもありません。

自分で企業信用調査はできる?

実は、個人でも企業の信用調査をすることはできます。

取引先の商業登記簿謄本を確認するのは、興信所の調査員でなくとも可能です。商業登記簿謄本を確認すれば、まず、その会社が実在する企業なのかもわかります。代表者の名前や会社の住所なども調べることができるでしょう。

名前だけの存在しない会社かどうか、債務にまみれた企業でないかを調べるだけならば難しくありませんが、ある程度知識がないとこの作業自体もなかなか進まない可能性があります。

「商業登記簿謄本をどうやったら取得できるのかわからない」「社長に取引先について調べろと言われたけれどハードルが高い、難しい」と思うのであれば、プロに依頼したほうが間違いはないですね。

ただし、知識がない方でも簡単にできる調査があります。取引先に赴き、社内の雰囲気を見るのです。社員の表情や雰囲気で、会社の業績はある程度汲み取ることができるでしょう。

「この企業は信用しないほうがよいかも?」というチェックポイントをご紹介しましょう。

社員の表情が暗く、元気がない

社員の服装や髪型が乱れている、不潔である

仕事のやり方や対応が投げやりでいい加減である

社内がガランとしている、もしくは雑然としすぎている

退職者が続出している、もしくは入社した社員がすぐ辞める

評判が悪い企業と取引している

また、社外でその会社の社員と話す機会があった時に、経営者や上司への不満が出てきたら同様に注意です。会社の業績が傾いている証拠かもしれません。

経営者と会った時にも、どんな人物かよくチェックしましょう。

いわゆるワンマンタイプの経営者でも会社の業績を伸ばせるタイプの人はいますが、「気持ちにムラがあり、他人の意見を聞かない」「金遣いが荒い」「よく公私混同する」「一度決めた意見をころころ変える」ような経営者との付き合いには注意が必要です。

また、経営者が「未回収の売掛金が増えた」「取引条件を変更してほしいと依頼してきた」という場合にも要注意です。

また、同業の知り合いや下請け、取引がある銀行などに探りを入れ、聞き込みをするのもいいでしょう。ただし、「あの企業、経営状況はどうなんですか」「取引したら潰れませんか」などとしつこく聞くのはやめましょう。調べている企業に何も問題がなかった場合、反対にあなたのしたことが悪影響をもたらす可能性があります。

聞き込みはあくまでさりげなく、期待していたような返答が得られなくともしつこく後追いしないことが大事です。

また、経済新聞や業界紙などから企業の動向がわかることもあります。どんなところと取引しているのか、その内容はどんなものなのかを調べることもできますので、普段から目を通しておいて損はないでしょう。

企業信用調査の費用は高い?

企業信用調査にかかる費用は、興信所によって異なります。

そのため、依頼したいと考えている興信所のホームページをチェックするか、電話で相談して確認することをおすすめします。

「企業のことを調べるのだから、数百万かかるのではないのだろうか」と不安になっている人もいるかもしれませんが、そこまでのお金はかかりませんので安心してください。

成果を上げるためには「できるだけ安いところに依頼したい」とは考えず、「評判が良いところ」を選ぶことをおすすめします。飛び抜けて費用が安い場合、何かしらの理由が隠れています。それよりも確実に調査を成功させてくれるところ、知りたいことをちゃんと調べてきてくれる興信所を選びましょう。

まとめ

取引先について不安があるならば、ぜひやってほしい企業信用調査。

興信所に依頼して調査をしてもらえば、気軽に取引先について調べることができます。

自分の手で調べてみて限界を感じたら、興信所に依頼してもいいかもしれません。その時には、取引が開始する前までに依頼するようにしましょう。

探偵コラムColumn