弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

信用調査にかかる費用は?信用調査の内容や料金相場を詳しく解説

企業間の取引の際に、相手の企業のことを調べる「信用調査」。取引をするにあたって、相手の企業の経営状況や支払い能力の有無が気になるのは当然のことですよね。しかし、それを不躾に相手に聞くのはなかなかできることではありません。
そこで、プロの力を借りて信用調査を行い、相手の状況をしっかりと把握してから取引を行うのが一般的です。こちらの記事では、その信用調査を行う際に気になる、調査の内容やそれに対する費用について詳しくまとめていきます。信用調査を行う予定だという方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.信用調査を行える機関は2種類ある

信用調査を依頼する、と一口に言いましたが、これは「信用調査会社」に依頼する方法と「探偵事務所」に依頼する方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあり費用についても変わってくるのでまずはそちらをチェックしましょう。

信用調査会社に依頼するパターン

まずは、大手の信用調査会社に依頼する方法です。「帝国データバンク」や「東京商工リサーチ」などが、信用調査会社の大手企業となります。信用調査会社に依頼すれば、経営陣へ直接取材をしてもらえたり、長年収集したデータを分析したレポートを作成してもらえたり、ノウハウがあるためしっかりと安定感のあるサポートが期待できます。
調査することはもとより、ビジネスサポートをすることも目的とされているため、企業の将来性などまで把握することが可能。長期的に取引関係を築いていきたい相手や、ライバル企業がどのような動きをしているかを把握したいときにぴったりです。

デメリットとしては、費用面。調査依頼のために加盟料が必要だったり、少数の調査の場合は割高になったりするため、年間にたくさんの企業と新規取引をする機会があり複数の信用調査を依頼するような大きな企業におすすめなのが信用調査会社への依頼だと言えます。

探偵事務所に依頼するパターン

信用調査は、探偵事務所でも行うことができます。探偵事務所は信用調査会社のように、実際に経営陣へ直接取材をしたり、将来性の深堀りなどはあまり得意ではありません。ただし、一社員の個人情報を調査することができるのは、探偵事務所ならではのポイント。
また、信用調査会社と大きく違うメリットは、1社や2社など少ない数の調査をしたいときに柔軟に対応してもらえることです。そのため、それほど新規取引をする機会のない小規模な企業にとっては、探偵事務所で依頼する方が小回りがきいて便利だと感じるかもしれません。

探偵事務所で信用調査をするデメリットは、多くの企業の信用調査をする場合はかえって割高になることがあることや、ビジネスの成長に関するようなサポートは望めないこと。1社を飛び込みで調査してほしい!というようなケースに向いている方法だと言えます。

2.それぞれの実際の費用相場は?

それではここからは、実際に信用調査会社と探偵事務所に信用調査を依頼した場合にかかる費用を、ご紹介していきます。それぞれに費用のかかり方が全然違うため、しっかりと把握して依頼するのが大切です。

信用調査会社に依頼する場合の費用

信用調査会社では、一般的に5社依頼して約12万円程度かかるのが料金相場となっています。それ以外にも基本料金が約3〜5万円ほどかかるのが特徴。基本料金+調査件数という形で費用が決まるため、少しでも調査件数が多い方が基本料金の負担が減ることが分かりますね。
また、ほとんどの信用調査会社ではポイント制をとっています。これは、まずは自分が依頼する件数に足りる分のポイントを購入してから、そのポイントを使って依頼するということです。
ただ、ポイントは5件分から販売している会社も多いため、もし1〜2件など少ない数の依頼がしたくてもひとまずポイントは5件分を買わなくてはいけないというデメリットがあるので注意してくださいね。

探偵事務所に依頼する場合の費用

探偵事務所では、調査する時間と調査人数の数から費用をたたき出すケースが多いです。そのため、簡素な調査で済むような少ない項目が知りたいだけなら、費用を抑えられることが多いです。
探偵事務所では2日間調査をする場合で、約15〜35万円という相場になっています。調査内容や人員によって相場の幅も広くなっているため、自分の調査したい内容に探偵事務所はあっているかをしっかりと検討してから依頼する必要がありますね。

信用調査会社への依頼と違って、自分にとって必要な調査だけをしてもらい、その分だけの費用を払えばいいというのが明瞭です。その代わり、1件あたりの金額は信用調査会社に比べると高額なので、たくさんの企業の調査を依頼するにはかなりの費用がかかるとも言えます。
まとめて依頼できるなら、確実に費用面は信用調査会社で依頼する方が安価ですので、探偵事務所の個人調査もできるメリットなどが必要ないなら信用調査会社の依頼の方が向いているかもしれませんね。

3.付帯費用がかかるかどうかをしっかり確認

信用調査会社か探偵事務所に依頼する際、付帯費用がかからないかどうかはしっかりとチェックしてから依頼する必要があります。付帯費用とは、調査に必要な交通費や出張費、宿泊費などを指し、これらが別途必要なのか必要ないのかによってトータルの費用が変わってくるためしっかりと確認してください。
また、信用調査会社では、「◯◯についても調査してください」というように指定の調査をお願いした際に「指定調査料」が発生したり、担当支社店調査地域外での調査を依頼した際に「関連調査費」が発生したり、付帯費用が多く請求されるケースも多いです。

基本的に信用調査は、想定しているよりも多額の請求がきたというケースが日常茶飯事に起こるものなので、最初の見積もりよりも多く見積もって依頼をするのが安心です。

4.まとめ

今回は、信用調査にかかる費用についてをまとめましたが参考になりましたか?企業の信用調査をする時に、1番に思いつくのは信用調査会社へ依頼することかもしれませんが、小回りが効くのは意外と探偵事務所だということもご紹介しました。
それぞれに安いものではないため、しっかりと見積もりを取り、それよりも価格が上がった場合でもお願いできるかを検討してから依頼をするのがおすすめです。

企業間が取引をするために、安心して取引を進めるのに必要な信用調査。スムーズに行えるように、自分が依頼するケースを考えてどこに依頼するのがよいのか検討してみてください。

探偵コラムColumn