弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

個人信用調査は詐欺予防に役立ちます!詳しく解説!

結婚詐欺やオレオレ詐欺など様々な詐欺が世の中には横行しておりますが、そういった詐欺を防ぐための方法というのもいくつか存在しております。
この詐欺防止の一つのやり方が「個人信用調査」です。
今回は詐欺と信用調査の関係について色々と記載させていただきます。

詐欺被害の解決には個人信用調査が役立つ?

詐欺を防ぐ方法として紹介されることが増えつつある個人信用調査ですが、具体的にどのような場面で役立つのでしょうか。
わかりやすく実例を用いて役立つ場面を紹介いたします。

よくあるのが結婚詐欺防止

今ではインターネットを通じて色んな人達との繋がりを持てますが、その繋がりからお付き合いに繋がって結婚までいくケースも増えています。
しかし、ネット上で知り合った人というのはどうしても素性がわからない部分が出てしまいますので不安になっている人も多いのです。

そんな時に役立つのがその人がどのような人物なのかを調べてもらう個人信用調査でしょう。
結婚の場合には、本当に結婚詐欺の疑いがあるのかどうかを考えて行動すべきですが、ダマされたあとでは対処もかなり難しいので、相手の言っていることで不自然な部分があるとかお金の扱い方に疑問を覚えるといった具体的な部分が見えてしまったら動くのが一般的です。

二人の未来のためとか将来のためという不透明な言葉で金銭をせびるとか、お金の決めごとといった約束事を一方的に棄却された場合は要注意です。

離れた家族の周りにいる人を調査する

詐欺防止の方法として個人信用調査を行う実例の一つが、離れた家族を気遣っての行動となります。
離れて暮らしている父親や母親の周りに突然親戚でもない人がそばにいて行動するようになったら誰でも心配するでしょう。
離れて暮らしているために、こういったことは未然に防げるものではありません。

その人が一体どのような背景を持っているのかを探偵事務所に依頼して調べてもらうというケースがかなりあります。
その人が詐欺だった場合は注意してお付き合いを辞めてもらう必要がありますが、本当に世話好きで評判の良い人ならばむしろお礼を言うべき状況になります。

猜疑心たっぷりで一人で暮らしている父親や母親の人との繋がりを断ってしまうのも問題ですので、信頼できるかどうかを調べてから行動するということも大切なのです。

別の意味の個人信用調査もあるので注意

個人信用調査には探偵に依頼してその人が一体どのような人物なのかを調べるという意味もありますが、住宅ローンなどの大きなローンを組むときにも重要になってくる個人信用調査というのも存在します。

こちらは「過去の金銭トラブルがあるのかどうかを調査する」という内容になっているので、その人個人の素行や行動を調査する個人信用調査とは中身がかなり異なります。

こちらは滞納や返済遅れが発生したかどうかを住宅ローン会社がチェックするために用いているのですが、自分自身でもこの信用度がどうなっているのかを調べることができますので、住宅ローンなどの大きなローンをする前に調べるのもいいでしょう。

信用調査詐欺もあるの?

その会社が信頼できる取引先なのかを調べるのが「信用調査」となりますが、その人個人を調べる個人信用調査を含めた信用調査にまつわる詐欺が存在しているという情報もあります。
具体的にどのような詐欺になるのでしょうか。

企業の信用調査を悪用する詐欺について

企業における信用調査を悪用する詐欺は「良い評価をするのでお金を払ってください」といったやり方で迫ってくるという情報があります。
基本的にこういった信用調査は帝国データバンクと東京商工リサーチがシェアの約9割を占めているので、それ以外の会社は詐欺の可能性もあるので断っているという人すらいました。

確かに、会社の信用調査によける点数が高いところとした取引しないという企業も存在しているので、評価が高いことはそれだけでメリットになりますがこのように詐欺に用いるのは許せない行為です。

あくまでも会社や企業における信用調査をうけた側はお金を払う必要は一切ありませんので、「良い評価をするのでお金を払ってください」という言葉があれば100%詐欺と考えていいでしょう。

探偵という名前を悪用する信用調査詐欺も存在する

様々な調査で役立つ探偵ですが、探偵でもできない行動というのが存在しています。
しかし、探偵を名乗る詐欺師は本来なら探偵ではできない行動があたかもできるようにみせているのです。

たとえば、「被害金の返還請求やその交渉を行います」という探偵事務所があった場合高確率で怪しいと言えるでしょう。
報酬を得る目的で訴訟事件や異議申し立てを行う場合は弁護士であることが必須なので、弁護士がいない探偵事務所でその言葉を掲げていたら非常に怪しいと言えます。

2013年以降全国の消費者センターに探偵を名乗る怪しい業者が増えており、それらにまつわる相談が増加しているという情報もあります。
不正な料金を請求されるといったトラブルが多発しているという警告文もあちこちで見かけますので、探偵を利用される予定がある方は注意しましょう。

まとめ

個人信用調査はその人の素行や過去を調べることが可能なので、結婚詐欺などを防げますがその探偵を名乗る人達の中に詐欺師が増えているというのは問題です。
また、会社における信用調査を悪用する業者すら出ているので、そういった詐欺や業者から身を守る術も重要になってくるでしょう。

どの世の中にも悪用して悪いことをする人はいますので、どのような悪さをしているのかをチェックしてそういった詐欺にあわないようにすることは今後も大切な行動となります。
探偵などに信用調査を依頼する場合には、依頼する探偵会社などがしっかりと信用できるところなのか、口コミや評判などもしっかりと調べたうえで確認した方が良いでしょう。

探偵コラムColumn