弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

信用調査とは何か?方法や注意点などをわかりやすく解説!

ビジネスの世界では「信用調査」という言葉が取引の場において登場することがあります。
今回は企業のリスク管理において非常に重要になってくる信用調査とは一体何なのかをわかりやすく解説し、具体的に何をするのか、手に入れたい情報は何かをまとめていきます。

そもそも信用調査とは何なのか?

信用調査とは言葉からなんとなく「信用できるかどうかを調べてもらうこと」と連想することができますが、正しい意味と問われるとちょっと自信がない言葉でもあるでしょう。
この信用調査とは別名「与信調査」と呼ばれている言葉なのです。

この「与信」とは「信用を供与する」という意味があり、もっとわかりやすく記載すると「商業的な取引において商品の代金を回収するまで信用を与えること」となるでしょう。
具体例としては「クレジットカード会社が本当に返済してくれるのか」という状況で「返済してくれると信用して供与する」という状況になります。 つまり、ビジネス的には信用調査とは「料金の後払いといった代金の回収がきちんとできるのかどうかを調べる行為」となるのです。
クレジットカードのように個人だけでなく、企業もまた、取引する際に信用に値するのかどうかをはかるために信用調査がされる場合があります。

具体的な信用調査の流れ及び方法について

信用調査の流れはどこかに依頼をする前の行動を含めると、過去にやりとりしている会社ならその過去のデータを元に検証し、なければインターネットや人伝に情報を集めることからスタートします。

しかし、それらの情報だけでは不足している場合は同業他社からの情報収集も必要になりますし、なかなか納得できる情報が入手できない場合は信用調査会社に依頼するという流れになるでしょう。

また、調査方法は大きく分けて社内調査、直接調査、外部調査、依頼調査の4つとなりますので、本格的に調査を考えている人はこの4つの手法を覚えておく必要があります。

最も簡単な社内調査

信用調査で最も簡単なのがお手軽にできる社内調査です。
こちらは取引先とのやりとりが過去にあった会社ならできる手法で、その履歴や資料から信用できるかどうかを自社で調査するというやり方になります。

過去にやりとりがあった社員がまだ在籍しているのなら、その社員から情報を集めるというやり方も含まれます。
ただし、このやり方は最も簡単ですが集められる情報も限定的になりやすいので注意が必要です。
またやり取りがあった社員がすでにいなくなっているなど、現実的にできない可能性もあるでしょう。

直接調査で情報収集

社内調査だけでは情報の不足を感じた場合、次にとられる行動が直接調査になるケースが多いです。
この直接調査とは調べたい相手から直接情報を手に入れるというやり方になります。
訪問・電話・メールなどを用いて直接的に調べたい相手の会社の情報を集めます。

ただし、直接調査をやり過ぎると相手から不信感を抱かせてしまうこともありますので、訪問をする際にもきちんとした訪問理由を持って行動する必要があるでしょう。

足りない情報を補う外部調査

内部調査と直接調査でも情報が足りない場合は、官公庁の公開情報を活用したり調査対象が取引している会社や人からの情報を集める外部調査を行うことになるでしょう。
こちらは調べたい会社のインターネットの取引先やその会社の情報が記載されている就職情報サイトといった情報を活用する形になります。

インターネットでその会社のホームページを調べるのは直接調査であるという意見もありますが、インターネットを利用してウェブサイトの閲覧は「検索調査」として外部調査のカテゴリーにいれている所も多く、ここでは外部調査のひとつとして扱っています。

最終手段の依頼調査

ここまでやっても情報の精度やレベルに自信がないという人は、第三者に調査を依頼するという方法を用いることがあります。
これは企業調査を専門的に行っている会社に依頼をするという形になりますので、情報の精度は高く普通の会社ではなかなか集められない情報も得られるでしょう。

ただしコンプライアンスの問題などで、調査会社であってもどうしても調べられないような事柄もありますので、過信のしすぎは禁物です。

信用調査の注意点について

このように信用調査は取引先が信用できるかどうかを調べるために必要な行動となっていますが、ちょっとしたデメリットや注意点もありますのでそちらも把握しておく必要があります。

そもそも信用調査対応は必須ではない

信用調査の方法の代表的なやり方に「信用調査会社から調べたい相手に電話をする」という方法がありますが、調査された会社即ち電話された会社はこの電話に応答するのが必須ではないのです。
回答する義務はありません。

あくまでも任意になりますので、答えたくない場合は「答えられません」という対応で終わらせることが可能となっています。
その結果、望まれた答えが入手できないというケースもありますので注意してください。

ただし、信用調査を答えないというのは逆に「信用できない会社」というイメージを与えることが多いので、昨今では答えることが主流となっています。
情報を隠すことがマイナスイメージに繋がる時代になっていますので、むしろ自分たちは信頼できる会社であるアピール場所として活用するという気持ちも必要になってくるでしょう。

まとめ

信用調査は調べられた会社からするとマイナスなイメージを抱きやすいのですが、昨今は情報をできるだけさらすことを求められているのでおおっぴらにする部分はおおっぴらにした方がいいのです。

自社の業績を客観的にアピールできる場所が提供されたと考えれば、たとえ自社に信用調査をされたとしても前向きにとられることが可能となってくるでしょう。
また、依頼調査は最終手段ですので、自分たちでできる調査はしっかりと行っておく必要があります。

探偵コラムColumn