弊社は信用調査を専門的に取り扱っております。

探偵コラム

信用調査とは?依頼をすることのメリットも併せて紹介します

多くの企業が共存・競争している中で経営状態が良い会社もあれば、反対に業績が芳しくない会社もあるのは当たり前のことです。どの業種においても会社を経営していると、他の企業と取引をする機会は多くなるでしょう。

取引をする際に気になるのが、相手の経営状態。なるべくなら経営状態が良い、安定している企業や組織と取引をしたいですよね。特定企業の経営状態を知る上で有効なのが、信用調査です。

今回は信用調査の概要と、調査を依頼することで得られるメリットを併せて紹介します。

信用調査とは取引先企業の経営状態を把握するためのもの

信用調査は与信調査とも呼ばれます。ある会社が特定の企業や組織と取引をする前に、取引先の経営状態を把握するために行われるものです。

いくら大企業であっても、経営状態が安泰とは決して言えません。景気後退や時代の著しい変化から経営悪化や販売不振、リストラのリスクはどの企業・組織にも十分起こりえるものです。

自社にとって安定した利益をもたらす取引をするためには、相手企業の経営状態は気になるところ。しかしまさかダイレクトに尋ねるわけにはいきませんよね。

信用調査というサービスを利用することで、確実に相手企業の経営状態を知ることができます。

信用調査で得られる主なメリット

信用調査で得られる主なメリットを見ていきましょう。

商品販売代金の回収リスクを減らせる

ある企業に自社の商品を販売すると、当然相手は商品販売に対する対価としてお金を支払います。販売と同時に代金を支払ってもらえるのであれば問題ありませんが、多くの企業の場合、代金は後払いとなることが通常です。

取引先の経営状態が悪いと商品を受け取ったにも関わらず、代金が支払われないこともあります。代金を回収できないと自社の業績にも大きく影響を与え、倒産などのリスクも生じてしまうことでしょう。

事前に信用調査をしておけば、相手企業に代金支払い能力があるのかどうかをチェックすることができます。商品販売代金の回収リスクを減らせることができますよ。

商品の仕入れリスクを減らせる

取引先に代金を支払い、相手から商品やサービスを仕入れている場合、仕入れのリスクを減らすこともできるでしょう。

せっかく商品代金を支払ったのに、相手の業績悪化や経営悪化で商品が手に入らなければ大きな出費となってしまいます。

競争相手会社の状態を把握できる

取引先の情報だけでなく、自社の競争相手となる会社の状態を把握するのにも信用調査は有効ですね。

特に競合相手が多い分野での事業展開や、自社の活動エリア内に新規参入などがある場合、ライバル会社の動向はいち早くつかんでおくことが大切です。競争相手の情報を早めに知っておくことで、相手に負けない柔軟な対策を取れるようになるでしょう。

自社の成長のチャンスとなる

最後のメリットが、自社成長のチャンスにもなりえることです。経営状態が良い企業や組織は成長の伸びしろがあり、世間から注目をされていることも少なくありません。

それらの企業や組織と取引をすれば結果として、自社にも成長のチャンスが訪れることにもなるでしょう。

信用調査で分かるもの

信用調査で実際に分かるものは次のとおりです。

企業に関すること

まずは企業や組織自体に関することです。資本金や実際の業績、株主、従業員の数、役員などの基本情報のほか、営業状況や取引状況、資金繰りなども調査してもらうことができます。

どのような会社から仕入れをしているのか、そして将来性なども含めてトータルで調査をしてもらえるので、代金未回収や商品未回収などのリスクを軽減させることができるでしょう。

経営者に関すること

取引先の経営者に関することも調査してもらうことができます。

どのような経歴を持っているのか、どのような人物なのか、そして周囲からはどの程度信用をされているのかなども知ることが可能です。

信用調査をするなら探偵事務所がおすすめ

信用調査の方法はさまざまです。自社の関係部署が保持している取引先に関する情報をまとめる、インターネットに掲載されている情報や口コミ・評判を探すなど、いろいろあります。

自社調査も不可能ではありませんが、現在主流なのが外部機関への依頼です。信用調査を請け負っている専門業者にお願いをすることで、効率的・効果的に相手企業の情報を得ることができるでしょう。

探偵事務所なら豊富な調査実績と高い調査スキルを駆使して、相手企業が公表している情報以外の詳細まで調べてくれます。確実に安全な取引をするのであれば、探偵事務所への依頼も検討してみてはいかがでしょうか。

探偵事務所に信用調査を依頼する場合、調査希望内容を細かく伝えよう

探偵事務所に信用調査をお願いする場合は、具体的に取引先に何を知りたいのかを細かく伝えるようにしましょう。曖昧な内容だったり、あれもこれもと項目を増やしてしまったりすると、本当に欲しい情報を手に入れるまでに時間がかかってしまう可能性があります。

調査を依頼する前に絶対に知りたい部分を整理して、ピックアップしておいてください。取引先にはダイレクトに聞きにくい項目、将来性や売り上げ高、取引先などを依頼しても問題はありません。

まとめ

信用調査とは、特定の取引先の経営状態を知るためのもの。名の知れた大企業であっても倒産のリスクがある中、健全な経営をするためには事前の情報取得は欠かせません。信用調査を行うことで代金回収リスクや商品仕入れリスクを減らせるだけでなく、ライバル会社の動向をチェックできる、また自社の成長チャンスとなるなどのメリットが生じます。

調査をする方法は自社の関連部署が所有する情報をまとめる、インターネットに掲載されている情報や口コミ・評判などをチェックするなどさまざま。

現在の主流は外部へ調査依頼で、中でもおすすめなのが探偵事務所です。豊富な調査実績とスキルを用いて、表面からだけでは分からない、取引先の情報を集めることができますよ。初回相談・見積もりは無料の事務所も多いので、気になったら一度相談してみてはいかがでしょうか。

探偵コラムColumn